SNS映え抜群のおしゃれダイエットスムージー

レッドスムージー

赤紫のフルーツたっぷりで飲みやすい!レッドスムージー

その名の通り、赤紫系の果物や野菜を材料に作るスムージー。アサイーやトマト、にんじん、アセロラ、いちご、りんご、クランベリー、ブルーベリー、カシス、カムカム、アセロラ、マキベリーなどなど…飲みやすくておいしい素材で、野菜臭さが苦手な人に人気です。

しかも、これらの素材は美容にも良いものばかりなので、ダイエットだけでなく美容効果も期待できるとして、新たに注目されているのです。

イチゴ&グレープフルーツ

  • 材料
    いちご80g、ピンクグレープフルーツ半分、レモン汁小さじ2、適量の水

ビタミンCがたっぷりのイチゴとグレープフルーツ。弱った肝臓の働きを助け解毒作用にも優れているので、疲労回復や二日酔いのケアに最適です。

イチゴ&セロリ

  • 材料
    セロリ半分、いちご80g、ラズベリー10粒、バナナ半分、リンゴ4分の1、水50ml

セロリの香りには、鎮静作用があると言われています。ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富で便秘解消にはもってこい。フルーツと組み合わせることで飲みやすくなっています。

トマト&みかん

  • 材料
    みかん1個、トマト1個、水80ml、好みでレモン汁&はちみつ

ダイエット、便秘解消、疲労回復が期待できるスムージー。トマトの果汁には「13-oxo-ODA」という、脂肪を燃焼させる遺伝子を増やす働きをもつリノール酸が含まれています。また、みかんの袋や房には水溶性食物繊維のペクチンが含まれており、腸内の乳酸菌を増やして悪玉菌を抑制して、腸内環境を整えてくれます。

トマト&ヨーグルト

  • 材料
    トマト2個、ヨーグルト50g、塩少々

トマトの13-oxo-ODAが脂肪燃焼を促す遺伝子を増やし、さらに肝臓で脂肪燃焼に働き掛けるタンパク質が作られて血糖値を下げてくれます。ダイエットには最適です。

大根&ベリー

  • 材料
    大根2cm、いちご50g、ラズベリー20g、牛乳100ml、練乳小さじ1

大根は消化酵素が豊富で、胸やけや胃もたれ、がん予防になるといわれています。ただ、辛みがあるので、フルーツと合わせるのがおすすめ。はちみつや練乳などをプラスして調整するといいです。ベリーにはビタミンCが豊富で、免疫力を強化して美容効果も期待できる優れものです。