SNS映え抜群のおしゃれダイエットスムージー

スムージーダイエッター注目!効果が期待できる食べ物は?

おすすめダイエットスムージーcafe > スムージーダイエッター注目!効果が期待できる食べ物は?

スムージーに使うべき!ダイエットに効果的な食べ物

スムージーは、基本的に野菜とフルーツを組み合わせて作ります。しかし一体、どの食材を使えば効果が出るのか、またどの食材を組み合わせれば美味しいのか、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

基本的に、どの組み合わせでも美味しく飲むことができますが、色々と試してみる中で、自分好みのブレンドが出来上がっていくことでしょう。その目星を付けるため、このカテゴリでは美容や健康、そしてダイエットへの効果がより期待できる成分が含まれる材料を紹介します。

材料を見る前に!スムージーを作る上での注意事項

早速材料の紹介…と言いたいところですが、その前に。スムージーを作る際の注意をお伝えしておきますね。

冷やしすぎ、飲みすぎはNG

理由はひとつ。体を冷やしてしまうから。体温が下がると、お腹を壊してしまったり風邪を引いてしまったり…。さらには、体内機能の働きを弱めてしまい、ダイエットや健康、美容に悪影響となります。気を付けてくださいね。

作り置きはNG

スムージーは、生野菜や果物から作られています。新鮮でないとその栄養素は衰えてしまうため、作り置きはとてももったいないです。手間がかかりますが、1日1日ミキサーに入れて作るようにしましょう。

野菜編

高い栄養価は見込める野菜は、スムージーには必須材料。とはいえ、世の中にはさまざまな野菜がありますので、特にダイエットや美容効果が見込める材料をいくつかピックアップしました。スムージーダイエッターにおすすめの定番野菜をぜひご確認ください。

果物編

スムージーにフルーツを入れることで、味も飲みやすくなる上、栄養価を高めることもできます。ここでは、数ある果物の中から、スムージーダイエットをする際にぜひ入れてほしいおすすめフルーツをいくつかピックアップしました。味も最高なものばかりなので、ぜひ参考になさってくださいね。

グリーンスムージーを作るときの注意点について

今注目のダイエットスムージであるグリーンスムージーには、ダイエットにも美容にも嬉しい効果が盛りだくさんです!しかし、自分でグリーンスムージーを作る場合、食材や飲み方などに注意しなくてはいけません。

グリーンスムージーは、野菜ならなんでも入れれば良いという訳ではありません。また、正しいタイミングで飲むことや適切な量を守ることも大切です。間違った作り方や飲み方を続けていると、グリーンスムージーのダイエット効果や美容効果が得られなくなってしまうので注意が必要です。

グリーンスムージーに入れてはいけない食材とは?

グリーンスムージーに入れる食材は、基本的に生野菜、果物、水のみです。これ以外は、入れないようにしましょう。ただし、野菜の中には避けた方が良いものもあります。それでは、グリーンスムージーに入れてはいけない食材を詳しく見ていきましょう。

でんぷん質の野菜

カボチャやニンジン、キャベツなどのでんぷん質の野菜は、フルーツとの相性が悪く、腸内でガスを発生させてしまいます。また、消化管の中で吸収が遅れる原因にもなりますので、グリーンスムージーに入れるのは、避けた方が良いでしょう。

乳製品

グリーンスムージーを作る際に、水の代わりに牛乳やヨーグルトなどを入れている方も多いのではないでしょうか?しかし、これらの乳製品にはたんぱく質が多く含まれているため、スムージーに入れると、野菜やフルーツの栄養分が吸収されにくくなってしまうのです。そのため、グリーンスムージーには水を使用するようにしましょう。

グリーンスムージーの正しい飲み方について

グリーンスムージーを飲む正しいタイミングや量を守らないと、ダイエットや美容効果を実感しにくくなります。ここでは、1日に飲む量の目安やスムージーを飲むベストなタイミングについて紹介していきます。

1日1~2リットルを目安に飲む

グリーンスムージーは、1日当たり大体1~2リットルを目安に飲みましょう。お肉やお酒、砂糖などが多い食生活を続けていると、血液がドロドロになったり、細胞が酸化してしまうなど、体が酸性に傾いてしまいます。

グリーンスムージーを飲むことで、酸化した体をアルカリ性に変えることができるのです。ただし、体をアルカリ性に変えていくためには、1日に1~2リットルのグリーンスムージーを飲む必要があります。少し量が多めですが、体をアルカリ性にするためには、毎日続けることが大切です。

食事と一緒に摂るのはNG!

食事と一緒にグリーンスムージーを飲んでいる方も多いのではないでしょうか?でもじつは、グリーンスムージーを食事と一緒に摂るのはNGなのです!

グリーンスムージーには、野菜とフルーツの栄養がたっぷりと含まれています。これらの栄養分を体にしっかりと吸収させるには、胃の中が空っぽになっている時に飲むのが一番です。他の食べ物と一緒に摂ると、グリーンスムージーの栄養が吸収されにくくなりますので注意しましょう。

時間を空けて飲む

グリーンスムージーは、食事と一緒に摂るのはNGということを紹介しましたが、飲んだ後も時間を置くことが大切です。グリーンスムージーの野菜やフルーツが消化されるのには、大体40分~1時間ほどかかります。そのため、グリーンスムージーを飲んだ後の40分程度は何も食べないように気を付けましょう。またグリーンスムージーを飲む前も40分以上時間を空けることが大切です。