SNS映え抜群のおしゃれダイエットスムージー

野菜編

ダイエットに最適!スムージーに入れるべき野菜とは

スムージーに新鮮な生野菜を取り入れることで、より栄養価の高い成分を摂取することができます。今回は、野菜にフォーカスを当て、スムージーに入れた方がいい食材をまとめました。ぜひご参考ください!

トマト

トマトに含まれるリコピンには強力な抗酸化作用があり、肌の酸化を防ぎ、若々しく保てるように守ってくれるパワーがあるのだそう。また、ビタミンAやビタミンC、ビタミンE、カリウム、食物繊維、鉄分、カルシウム、クエン酸など、重要な栄養素がぎゅっと詰め込まれています。

にんじん

βカロテンが、他のどの食材よりもずば抜けて豊富。コレステロールを低下させてくれるため、ダイエット向きのお野菜です。また、強い抗酸化作用が期待できるため、髪の毛や爪をきれいに保つなど、美容面での働きも見せてくれるんだとか。

大麦若葉

大麦若葉とは、青汁の代表的な主成分。大麦のまだ若い葉の部分を指すようです。ビタミンB2やビタミンE、鉄、マグネシウムなどの栄養素がたっぷり含まれています。栄養を吸収・分解するSOD酵素も含み、健康維持に優れた働きが期待できます。

チアシード

海外セレブも注目している、サルビアヒスパニカという植物の種。タンパク質や必須アミノ酸、オメガ3脂肪酸、食物繊維、ミネラルがたっぷりです。水とチアシードがあれば生きていけるとまで言われているほど、素晴らしいスーパーフードなんだとか。お腹の中で膨れるので、少ない量で満腹感を得られると、まさにダイエット向きの食品ですね。

サイリウム

サイリウムとは、ヨーロッパの地中海や、インド、アメリカなどで栽培されている一年草・オオバコの種の皮のことなんだそう。90%以上が食物繊維でできているため、腸内環境を良くしてくれるんだとか。

いかがでしたか?上記で紹介しているのは良く使われる食材の一部なので、選択肢は他にもたくさんあります。

スムージーに野菜を入れる際の注意

スムージーを作る際、皆さんミキサーを使用すると思います。しかし、刃が高速回転をすると熱が発生するため、野菜に含まれている酵素が壊されてしまうことも多いのだそう。また、消化器官に負担とならないようブランドする必要があるため、野菜をなんでもかんでも入れればいいというわけでもありません。

そのため、自己流での組み合わせは、もったいない飲み方をしてしまう可能性も高いのです。きちんと栄養価などを調べ、組み合わせをするようにしましょう。

最も効率なのは市販商品を使うこと

最近、市販のダイエットスムージーが多く販売されているのはご存知でしょうか。必要な成分が含まれている粉末を、水や牛乳、ジュースなどに混ぜるだけなのでとても手軽です。あれこれと野菜を用意する必要もありませんし、組み合わせに悩むこともなし!味も整えて飲みやすくされていますので、誰でも抵抗なくストレスフリーで飲めちゃいます。

このサイトでは、管理人が調査した市販のダイエットスムージーの情報をお伝えしています。中でも、口コミ評判も抜群な商品を5つ厳選して紹介しているので、気になった方はぜひご確認ください!