SNS映え抜群のおしゃれダイエットスムージー

置き換えのベストタイミング

スムージーダイエットのやり方

いつもの食生活にスムージーをプラス

スムージーダイエットのやり方には、いくつかのパターンがあります。まず一つ目は、いつもの食生活にスムージーをプラスする方法。ただし、いつでもスムージーを飲めば良いというわけではなく、食事前に飲むのがポイントです。食事の40分前までにスムージーを飲むことで、食べ過ぎを防止する効果が期待できます。

また、空腹時にスムージーを飲むことで、栄養が体に吸収されやすくなるのもメリットと言えます。食事の前だけではなく、おやつ代わりにスムージーを飲むのもおすすめです。ダイエット中に、どうしても甘いものが欲しくなった時にスムージーを飲むことで、お菓子の食べ過すぎを抑えることができます。また、スムージーはお菓子に比べて腹持ちが良いので、どうしても次の食事まで待てない時などに飲むと良いでしょう。

いつもの食生活にスムージープラスする方法は、スムージーダイエットの中でも最も手軽にできる方法ですが、即効性がないのが特徴的です。この方法でダイエットを始める場合、長期的に取り組む必要があります。この方法だと継続しやすく、ゆっくりと緩やかに痩せていくため、目標体重を達成した後も、その体重をキープしやすいというメリットがあります。

食事をスムージーに置き換える

1日の食事のうち1食をスムージーに置き換える方法は、いつもの食事にスムージーをプラスする方法よりも即効性があります。特に、夕食をスムージーに置き換えると、1日のカロリーを大幅にカットすることができます。夕食は、1日の食事の中で最も高カロリーになってしまいがちです。夕食をスムージーに置き換えると、1日の摂取カロリーを抑えることができ、炭水化物を摂取しないため糖質オフにもつながります。

夕食をスムージーに置き換える方法は、仕事などが原因で夕食の時間が遅くなりがちな方におすすめです。夜遅くに油っこいものやこってりした高カロリーなものを食べると、翌朝胃もたれすることがあります。しかし、スムージーは消化吸収に優れているため、夜遅くに飲んでも翌朝胃もたれすることは、ほとんどありません。
友人や家族と食事に行きたい時や飲み会を断れない時などは、朝食をスムージーに置き換えるのがおすすめです。夕食をスムージーに置き換える方法だと大幅に1日の摂取カロリーを抑えることができて即効性が高いというメリットがあります。しかし、夜は飲み会や食事会などが多いため、なかなか毎日続けるのは難しいというデメリットがあります。スムージーを朝食に置き換える方法なら毎日でも続けやすいため、多くの人が取り組んでいます。また、朝食をスムージーに置き換える方法には、ダイエット効果だけではなく美肌効果も期待できます。スムージーには抗酸化物質が含まれているものが多く、これが活性酸素の攻撃から肌細胞を守ってくれるのです。

週末ファスティング

ファスティングとは断食を意味しますが、全く何も飲まない食べないというわけではありません。消化の良い食べ物や水を摂りながら、短期間で痩せるダイエット方法です。スムージーを用いた週末ファスティングとは、金曜日から日曜日の3日間にかけて実践する短期間のダイエット方法です。1日目の金曜日は、1日の食事をおかゆやスープ、スムージーのみにします。2日目の土曜日に口にするものは、スムージーと水のみになります。最終日の日曜日は、金曜日と同様におかゆやスープ、スムージーのみとなります。ファスティングを実践している間は、激しい運動は避けてなるべくのんびりと過ごすのがポイントです。

空腹で辛い時に乗り切る方法!成功者の声

  • ガムやアメで紛らわす
  • お風呂に入って空腹を紛らわす
  • スムージーを豆乳と一緒に飲むと腹持ちが良くなる
  • 置き換えるのを夕食から朝食に変えて成功した
  • ファスティングが辛いのは最初だけ。最初の空腹感に耐えれば慣れてくる
  • スムージーに酵素をプラスすると、血糖値が安定するので空腹が抑えられる
  • ダイエットに成功した時の自分を想像する

ダイエットにベストなのは夕食時

朝・昼・晩のうち1食をスムージーに置き換えるのであれば、夕食時が最も高いダイエット効果を期待することができます。なぜなら、夜は食べたら寝るだけなので消費カロリーが最も必要とされない時間帯だからです。特に22時以降は1番脂質を吸収しやすく、エネルギーを溜めこみやすいと言われています。

逆に、昼間は体を動かす時間が長いため、摂取エネルギーよりも消費エネルギーの方が上回りがち。昼間の食事を抜いてしまうと、早い時間に空腹感で体がばててしまうため、夜にドカ食いしてしまう危険性も…。こうなってしまっては意味がないですね。

お昼は好きなものを食べて夜は置き換え!

メンタル的にも昼よりも夜の方が最適です。ダイエット中は、多少の我慢が必要。食べたいものが食べれないことによるストレスは相当なものですから、せめてお昼は好きなものを食べてストレスを溜めこまないようにしたいもの。夜は我慢してお昼に食べる!たった一晩の我慢で済むのですからお安いものです。

なお、摂取した食事は体内で消化されるまで2~3時間以上かかると言われているので、就寝3時間前までには食べておきたいところ。しかし、ダイエットスムージーは低カロリーなため、消化もしやすい状態になっていますから、寝る直前に飲んでも問題ありません。それよりも、朝・昼・晩のどの食事を置き換えるか…を重要視して、置き換えのタイミングを考えましょう。

まずは空腹感に慣れることが重要

置き換えダイエットの最大の障害は空腹感。これまで食べたいものを好きに食べてきただけあって、我慢している時に感じる空腹感はかなりきついものです…。

夕食をダイエットスムージーに置き換えるのが一番効果的なのですが、空腹に耐えられずに夜中につまみ食いをしてしまったら本末転倒。厳しいようであれば、最初は朝食を置き換えて慣れることもひとつの手です。

起きて最初に食べる朝食は、重たい内容ではなく軽い内容の食事で済ます人がほとんど。もともとあまり食べていないのであれば、ダイエットスムージーの慣らし期間としては最適です。ただ、夕食程のダイエット効果を期待することはできないでしょう。